歯が痛い・しみる

虫歯は自然に治らない病気です

虫歯チェックポイント

このような症状があれば、早めに歯科医院へご相談ください。 虫歯は放っておくとどんどんと進行し、痛みも増し、最終的には抜歯を余儀なくされる恐ろしい病気です。
少しでも早い段階での治療をおすすめします。

どうすれば虫歯にならずにすむの?

虫歯は虫歯菌による感染症です。
お子様の虫歯菌感染のほとんどは家族から。
虫歯菌はお口に溜まる歯垢(プラーク)の中に棲みついていて、お口の中に残った糖分を栄養源にして酸を出し、歯を溶かしていきます。
虫歯になるのを防ぐには、糖分をお口に残さないようにすること、そして、虫歯菌そのものの存在を減らすために、歯垢をきちんと落とすことが大切です。
そこで重要になるのが、食後に行う丁寧なブラッシングです。

一度虫歯になった歯は自然に治らず、削る処置が必要になってきます。
しかし、虫歯治療で歯を削ることは、歯をもろくし、歯の寿命を縮めることにもつながってしまいます。
また、虫歯は再発する可能性のある病気。
当院の予防歯科では定期健診やクリーニング、ブラシング指導を行っています。
新たに虫歯ができる前に、きちんと予防するようにしましょう。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階症状治療法
C0【ごく初期の虫歯】 C0【ごく初期の虫歯】 歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。
C1【エナメル質の虫歯】C1【エナメル質の虫歯】 歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。進行性によって経過観察をする場合もあります。
C2【象牙質の虫歯】C2【象牙質の虫歯】 エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 レジン(歯科用プラスチック)やインレー(詰め物)で補います。
C3【神経まで達した虫歯】C3【神経まで達した虫歯】 神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。
C4【歯根まで達した虫歯】C4【歯根まで達した虫歯】 歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

歯を残すための大切な治療~根管治療~

虫歯が神経まで達すると、神経をきれいに取り除く「根管治療」が必要になります。
根管治療では、神経を除去したあとに神経が入っていた管(根管)の内部を洗浄・消毒し、細菌の繁殖を抑える薬を詰めてふさぎ、歯の機能を保ちます。
抜歯をせずに歯を残すことができる大切な治療です。

「痛くて苦手・こわい」というイメージがある方へ~痛みの少ない治療~

痛みがこわくて歯医者さんが苦手という方は多くいらっしゃいます。
歯科治療時に感じる痛みのうち、代表的なものが麻酔の痛み。当院では、麻酔針の刺さる瞬間の痛みや、麻酔薬が注入されるときの痛みを軽減する工夫をしています。

この他にも、患者様に安心して治療を受けていただけるよう、さまざまな配慮をしています。
気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

歯がしみるのは知覚過敏かもしれません

虫歯ではないのに、歯がしみるといった症状があれば、知覚過敏の疑いがあります。
知覚過敏とは、歯の表面のエナメル質が薄くなって、神経に刺激が伝わりやすくなっている状態。
知覚過敏は治療で改善できます。
歯が痛い・しみるといった症状にお悩みでしたら、まずはお早めにご相談ください。

知覚過敏になるのはどうして?

知覚過敏の主な原因は、歯の表面のエナメル質が何らかの原因で薄くなってしまうこと。
エナメル質が薄くなったり、あるいはエナメル質に覆われていない部分が露出してしまったりすることで、痛い・しみるといった症状が出てしまいます。
以下のような原因に心当たりがあれば、一度、当院へご相談ください。

歯ぎしり・噛み締め 無意識に強い力がかかっていると歯に大きな負担となり、エナメル質を傷つけてしまいます。
長すぎる・強すぎる
歯みがき
丁寧な歯みがきは大切なことですが、強すぎる力で歯みがきするのはおすすめできません。また、長時間の歯みがき、硬すぎる歯ブラシの使用もエナメル質を削る原因となります。
酸の摂りすぎ 身体にいいとされているレモンやお酢は、摂りすぎるとエナメル質を溶かす原因になります。
ホワイトニング 歯を白くするホワイトニングは、頻繁に行ったり、適切でなかったりすると知覚過敏の原因となることがあります。
歯周病 歯周病で歯ぐきが下がることで、エナメル質に覆われていない歯の根っこが露出し、痛みを感じることがあります。

虫歯であっても知覚過敏であっても、症状に苦しんでから歯科医院へ駆け込むのではなく、何も問題がないときからプロのお口のケアを受けておけば、病気を未然に防ぐことにつながります。
当院の予防歯科では、お口の中を定期的にチェックする定期健診も行っていますので、お気軽にご相談ください。

ページトップ
Copyright(C) 2007 ISOJI DENTAL CLINIC All right resereved.